ハローワークに行こう!

求人・求職といえば、何を使って人探し・仕事探しをするかというのが第一ステップですね。そこでハローワークという存在が浮かんできます。その昔「職安」と呼ばれたあなたもずいぶんライトな響きになりましたね。。。親しみやすくなった(?)ハローワーク、その活用度はいかほどなんでしょう。
ハローワークは地域ごとにあって。例えば北海道なら札幌に「ハローワークプラザ札幌」。どうでもいいけど、プラザと殆ど全部についている・・・・知らなかった。昔、職安だったくせに(え?
都道府県に一箇所以上ありそうな気配・・・・あおもり? やまがた? さいたま? ひらがなが多いぞ?
なんとなく、うれしい(←ひらがな支持者)
75ヶ所のハローワークのうち、12ヶ所は地域名がひらがなでした。ひらがなって、なんか親しみやすい。職安だったのに。そんな名称に気を遣うようになったあたり、ハローワークは、求職者が足を運びやすい雰囲気を心がけているのかも。今度いってみようかな^^ 

面接のコツ

求人・求職活動において、面接なくして決まるものはありません。そこで、面接のコツというのが誰でも知りたいわけですが、ネットや雑誌などたくさん見かけます。これこそ「面接のコツ・決定版!」などというのも見かけますが、それは謳い文句であって、どの記事もそれぞれに正しいと思います。しかしその中でも「笑顔で」って、本人が思っている以上に面接のコツとして重要と思います。
わたしはとある派遣の仕事(マネージャークラス)に就く時、わたしの下で働く女性たちを面接したことがあるのです。いつもは面接されるわたしが、面接する側なんて!
そこで感じたことは、経歴・職歴が同じなら、緊張しすぎてない人の方、すなわち笑顔の人の方が確実に好印象だということでした。面接だもの、緊張してるのはわかるけど。でも、あまりにも緊張している人をみると、自分が仕事を一緒にする時、ものも頼めない・間違っている時注意もできないかもって思ってしまうのですね。
面接のコツは、いつも面接される側で練習するのではなく。たまには友人と面接ごっこをして。面接する側を経験してみると、見えてくることがあると思いますよ。

面接時間厳守!

面接は求人・求職活動の最大の山場といえます。面接のコツとして、服装や話す内容も重要ですが、面接時間に遅れない、時間厳守というのも大変重要です。しかしこれを重要に思うあまりか、かえって心証が悪くなったという話をきいたことがあります。
それは人事担当しているわたしの知人から。「面接時間に遅れそうです」との連絡が面接予定者から入ったと。時間厳守といえども、アクシデントはあるものですから。遅れそうな時に連絡をいれる、これは○ですね。しかし、「今タクシーに乗ってます」と言ったそうなのですね。これは田舎ならともかく東京のような場所では、車より電車の方が確実に早く着きます。それにタクシーはお金も電車より数倍かかります。それはもちろん自己負担ではありますけども、その人をこの先雇って、仕事で遅れるからとむやみにタクシー使われて、経費精算されては困りますよね。
面接時間は厳守です。でももし遅れそうになったら、その状況下で素直に連絡してくるか、何を使えば一番早く着けるか判断できるか、そういったことをすでに「面接」されているのです。面接のコツは、顔を会わす前から、最低でも面接日の朝から始まっている、ということですね。

就職するための面接のコツ